下呂温泉は、日本3代名湯のひとつなので、どこに泊まっても温泉は間違いないなと思ってました。

でも、「日本温泉協会」で最高級源泉の評価をもらった冨岳の湯が気になってしまい、料理、お部屋などの評価は無視して宿泊しました。

特に、貸切温泉は天然のかけ流しということで、すごく楽しみにしていたんですが、期待通りのお湯でした。

「気持ち良い」というだけではもったいないのですが、まさしくお湯に包まれているというのを実感しました。
こんなに肌触りの良いお湯は初めてだったので、ついつい長湯をしてしまうぐらい。

他のことはあんまり期待していなかったけど、食事は部屋食で湯上りにビールを飲みながらゆっくり楽しむことが出来ました。

奮発して頼んだ別注の飛騨牛のすき焼きも、今まで味わったことのない食感で、よくグルメ番組で見かける「お口の中で肉がとろける」というのを体験させていただきました。

でも、量はたっぷりあるし、味にも品がある美味しいお食事だったので、別注で頼みたいものがなければ無理して頼む必要はないと思います。

また、チェックイン前に着いてしまっても13時から荷物を預かってくれたり、チェックアウト後も16時まで預かってくれるので、下呂温泉の街並みをゆっくり堪能出来ます。

こういたホスピタリティは、まったく期待していなかっただけにすごく嬉しかったですね。
お金をかけて高級旅館に泊まるより、リーズナブルなのに全てに満足出来る冨岳は、穴場を見つけた気分です。