彼女と初めての温泉旅行だったので、奮発して下呂温泉の湯之島館に泊まりました。

下呂温泉の旅館の人気ランキングでも2位だったし、天皇も泊まったことがあるというので「間違いない!」と思ったので。

チェックインしてみると、家具はアンティークのレトロ調で「気に入らないかも」と心配になりました。
でも、こういうレトロ調な感じの旅館に泊まったことがないという彼女は、「すごく素敵」と喜んでくれたので一安心。
逆に「センスがいい」と褒められたので、テンション上がりました。

山の上にあるので、下呂温泉の街並みが見下ろせる開放感いっぱいのお風呂も最高です。

しかも、空いていれば家族風呂が無料で借りることが出来るのもいいですね。
露天風呂ではないけど、これまたレトロ調のお風呂でゆっくりと入ることが出来ました。

お食事は、夕食朝食ともに部屋食だったので、お酒を飲みながらのんびり食べさせていただきました。
懐石料理だったから、みんなおつまみ感覚でいただいちゃいましたが、量も味もちょうどいい!
しめの鮎雑炊は、初めて食べたのですが絶品でした。

建物自体は「古いな」という感じだけど、内装や家具がレトロで統一されているので、館内に入ると「モダン」なイメージで落ち着きました。

流行りのアジアンテイストなホテルや、和風モダンな旅館よりも、特別な空間を共有することで彼女との距離がぐっと縮まったような気がします。
付き合った記念日や他に新しく記念日が出来た時に、また利用したいと思います。